TEL:072-805-3270
HOME
お知らせ
医師の紹介
交通案内
初診の方へ
リンク集

【疾患について】|こうやま眼科(枚方市宮之阪)小児眼科/レーシック/コンタクトレンズ/網膜硝子体手術/白内障手術

疾患について

疾患について

HOME»  疾患について

眼に現れる糖尿病の影響

眼に現れる糖尿病の影響

糖尿病は合併症(余病)が怖い病気で、合併症はとくに腎臓や神経、そして眼に現れることが多く、これらは三大合併症といわれます。
眼の合併症は、糖尿病と診断されたときから定期的な眼科の検査を受け、糖尿病と眼科の適切な治療を続けていれば、確実に防げます。しかし、実際には糖尿病を放置している人が少なくなく、毎年3,000人以上の方が、糖尿病の合併症で視力を失い、成人の失明原因の上位となっています。

網膜が冒されてきます

眼の奥の方には網膜という組織があり、網膜症とは、なんらかの理由でこの網膜が痛められ、カメラでいうと、フィルムの感度が低くなったり、フィルム自体が破損してしまった状態になる病気のことです。糖尿病の患者さんの約40パーセントに、網膜症が起きているといわれています。

なぜ糖尿病で網膜症になるのでしょう。それは、網膜には細かい血管が全体に張りめぐらされていることと、糖尿病が血糖値の高い状態が続く病気だということに関係しています。血糖値が高い状態では血管に多くの負担がかかり、血液の流れが悪くなってきます。細かい血管が密集している網膜は、 高血糖の影響を非常に受けやすいくなっています。

症状がないまま進行する糖尿病網膜症

単純網膜症

網膜内の血流が悪くなり始めた、網膜症の最初の段階です。

症状 全くありません。
検査 2~6ヶ月ごとに精密眼底検査を受けます。必要なら蛍光眼底撮影も。
治療 糖尿病の治療(血液コントロールの改善)と網膜循環改善薬などの内服薬の服用で進行を防ぎます。
初期の単純網膜症なら血糖コントロールの改善で軽快することもあります。

増殖前網膜症

血管が詰まって、網膜の一部に血液が流れていない虚血(きょけつ)部分が生じてきた段階で、そのまま放置すれば次の増殖網膜症に進行します。

症状 ほとんどないですが、黄斑(おうはん)部に浮腫が起こると著明な視力低下がおきます。
検査 2~2ヶ月ごとに精密眼底検査や必要に応じて蛍光眼底撮影などの眼科検査。
治療 血糖コントロールの改善とともに、虚血部分の網膜にレーザー光凝固を行い(局所凝固)、増殖網膜症への進行を阻止します。
黄斑浮腫に対しては、レーザー光凝固や硝子体(しょうしたい)手術を行います。

増殖網膜症

虚血部分に酸素や栄養をなんとか送り込もうと、新生血管が伸びてくる段階です。新生血管の発生は、一見理にかなっているように思えます。しかしこの血管は、大変もろく出血しやすい血管で、新生血管が破れて網膜の表面や眼球内(厳密には硝子体内) に出血が広がると、視力に大きな影響を及ぼします。

症状 視力の低下や飛蚊症(ひぶんしょう)。ただし、硝子体出血や網膜剥離が起きていなければ、この段階でも症状がないこともあります。
検査 2週~1ヶ月ごとの眼科検査。必要があれば超音波検査をします。
治療 黄斑部を除く網膜全体に光凝固を行います(汎網膜凝固)。硝子体出血や網膜剥離が起きてしまった場合は、硝子体手術などで視力の回復をめざします。

糖尿病網膜症といわれたら

このように、網膜症は徐々に進行しますが、注意しなければいけないのは、かなり進行しても、視力の低下などの自覚症状がほとんどないということです。そして、糖尿病そのものも自覚症状の少ない病気です。だからといって糖尿病を放置していると、ある日突然、目が見えなくなった、目の前が真っ暗になったとあわてて病院に駆け込み、硝子体出血や網膜剥離と診断されることもあります。糖尿病と診断されたら、適切な治療を続けていくようにしましょう。そして、定期的に眼科検査を受けることも忘れないでください。
検査、治療を続けていれば、糖尿病が原因で失明することは、必ず防げるのですから。

PAGE TOP

白内障

白内障とは

白内障とは、瞳の奥にある水晶体(眼の中では、ピントを合わせるレンズの役目をする部分)が濁る病気です。
症状は、雲がかかったようにかすんだり、眩しくなったり、だぶって見えたりします。

一度濁ってしまった水晶体は目薬や飲み薬では元に戻せません。放置すると視力低下が進行します。白内障に用いられる薬はありますが、進行を抑制する目的で用いられているもので、視力を元に戻す効果はありません。視力を回復させるためには手術が必要です。

白内障の頻度は

白内障の中で最も多いのは加齢白内障といいます。
特別な原因がなくても年齢とともに誰にでも起こります。本邦における初期混濁も含めた水晶体混濁有所見率は50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代で84~97%、80歳以上では100%、日本白内障疫学研究班分類で程度2以上の進行した水晶体混濁の有所見率は50歳代で10~13%、60歳代で26~33%、70歳代で51~60%、80歳以上では67~83% と報告されています。(白内障学会ガイドラインより)

この中で手術を必要とするほど視力が低下する割合は、65~74歳ではほぼ5人に1人、75歳以上では2人に1人といわれています。
片方の眼に起こるといずれもう片方の眼も白内障になる可能性が高くなります。両方の眼が同時に白内障になる場合もあります。

白内障を症状から診断すると

  • かすんで見える
    白内障の一般的な症状は「雲がかかったようにかすんで、物がはっきり見えない」というものです。頻度が最も多い皮質白内障というタイプでは周りから瞳の中に向かってまだらに濁ってきます。その為、濁りのすき間から見ている状態になり、「何となく見えにくい」「ピントがあいにくい」という症状からはじまります。白内障が進行すると水晶体全体に濁りが及んできて徐々に視力も低下し、最後は明暗のみがわかる程度にまで見えなくなります(成熟白内障)。
  • まぶしくなる
    水晶体の濁りが瞳の中にかかると、外からの光がその部分でいろいろな方向に散ってしまいます。その為、光の強い屋外や逆光では、まぶしさが増しサングラスや日差しよけの帽子が手離せなくなります。特に夜間の運転では対向車のヘッドライトがハレーションを起こして見えなくなり危険を伴うこともあります。特に後嚢下白内障というタイプでは日中にはまぶしさで見にくく、曇りや雨の日、室内では見えやすくなるという特徴があります。
  • 近くが見やすくなる
    水晶体の真ん中が濁る核白内障では、近視の傾向が 少し出てきて、眼鏡なしでも近くが見えるようになり、老眼が治ったように感じることもあります。これも白内障の進行に伴ってしばらくするとかすむ症状が強くなってきます。
  • 二重、三重に見える
    核白内障のもう一つの症状に、「月がいくつにも見える」というように物が2つにも3つにも見えるようになることがあります。この場合、白内障のある片眼だけで見た時に、だぶって見えるのが特徴です。
  • 眼の痛みや充血はない
    水晶体には神経や血管がないため、白内障だけでは痛みや充血はありません。
PAGE TOP

緑内障

緑内障の疫学

緑内障は、厚生労働省研究班の調査によると、我が国における失明原因の第1位を占めており、日本の社会において大きな問題として考えられています。しかも最近、日本緑内障学会で行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人における緑内障有病率は、5.0%であることが分かりました。

つまり40歳以上の日本人には、20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいるということになります。
また緑内障の有病率は、年齢とともに増加していくことが知られており、日本の少子高齢化に伴って、今後ますます患者さんの数は増えていくことが予想されます。

しかも上記の調査では、発見された緑内障の患者さんのうち、それまで緑内障と診断されていたのは、全体の1割に過ぎませんでした。
つまり、緑内障があるのにもかかわらず、これに気づかずに過ごしている人が大勢いることも判明しました。
最近の緑内障の診断と治療の進歩は目覚しく、以前のような「緑内障=失明」という概念は古くなりつつあります。
現代医学を駆使しても失明から救えないきわめて難治性の緑内障が存在することも事実ですが、
一般に、早期発見・早期治療によって失明という危険性を少しでも減らすことができる病気の一つであることは間違いありません。

緑内障とは

まぶたの上からそっと目をさわるとわかるように、眼球は空気のつまったボールのように張りがあります。
これは眼球の中の圧力(眼圧[がんあつ])が外よりも高く保たれているからです。
おかげで、体を動かしても眼球の形が変わらず、網膜[もうまく]の上にきちんと映像を結んで、ものを見ることができます。
ところが、眼球の後ろにある視神経[ししんけい]はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。
残念ながら傷ついた視神経は元に戻りません。その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野[しや]がだんだん欠けていきます。
これが「緑内障」です。

緑内障は、日本緑内障学会のガイドライン(第二版)によると、「視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患である」と定義されています。
つまり緑内障は、視神経の形(乳頭形状)と機能(視野)の特徴的な変化から診断されます。
緑内障は、古くから、眼圧が上昇することで視神経が障害される病気として理解されてきましたし、実際に眼圧を下降させることが治療として有効なことも知られています。しかし近年の研究では、正常眼圧緑内障が多い日本人においては、必ずしも、眼圧上昇だけが原因であるとはいえないことが分かっています。
しかしガイドラインにも記載してあるように、(正常眼圧緑内障を含めて)すべての緑内障において、眼圧を下降させることで、緑内障になるリスクが下がることが知られていますし、緑内障になった患者さんでも、その視野が悪くなる(緑内障が進行する)可能性を低くすることができます。したがって、緑内障の患者さんにとっては、自分の眼圧値を知っておくこととともに、眼圧値を安全な範囲にコントロールしていくことが重要です。

緑内障の種類

緑内障の中でも、患者さんに多いタイプの開放隅角[かいほうぐうかく]緑内障は、10~15年という長い時間をかけて少しずつ進行していきます。その為、初期の状態ではなかなか気づきません。というのも、人間は両目でものを見ているので、片方の視野に見えないところがあっても、もう片方がそれをおぎなってしまうのです。

また多くの方は、非常に悪くなるまで頭痛や眼精疲労[がんせいひろう]などの自覚症状がないため、発見が困難です。
そこで、緑内障では定期的に視野検査を行い、視野の狭まり具合が進行していないかを調べることが重要になります。
一方、閉塞隅角[へいそくぐうかく]緑内障といって、房水の排水口が急にふさがって眼圧が急激に上がり、目が痛み、充血し、ものがかすんで見えるだけでなく、頭痛や吐き気をともなう急性の発作が起こり、処置が遅れると一夜にして失明してしまうこともある緑内障もあります。

PAGE TOP

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性は、網膜(カメラのフィルムにあたる組織)の黄斑〈おうはん〉というところに異常な老化現象が起こり、視機能(視力や視野)が低下してくる病気です。黄斑は網膜のほぼ中央にあり、ほかの部分の網膜に比べて視機能が格段によく、物を見る要の部分です。

欧米では中途失明原因のトップが加齢黄斑変性です。
日本でも増えていて、2004年には身体障害者手帳の取得原因の4位になりました。
早い方では40代でも発症する場合もありますが、患者さんのほとんどは60歳以上で、女性より男性に多いという特徴があります。

脈絡膜(網膜の奥にある血管膜)から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型(いしゅくがた)」に分類されます。

症状

視野の中央がよく見えない、ゆがむ、暗く見える、などです。
最初は片方の眼に起きて程度も軽いために、患者さん本人は年のせいにして見過ごしていることも少なくありません。
しかし、徐々に、病型によっては急速に、視力が低下してしまいます。
通常、中央以外の視野は保たれ全く光を失ってしまうことはまれですが、見たいところが見えず読みたい文字が読めないという、とても不便な状態になってしまいます。

危険因子

加齢黄斑変性の発症のリスクを高めることとして、喫煙、肥満、日光を浴びることなどが考えられています。
特に有名なのは喫煙で、喫煙による酸化ストレスが眼に蓄積すると、加齢黄斑変性の背景にある炎症を引き起こすといわれています。
ですから、加齢黄斑変性の発症予防や、発症してしまった方が進行を遅らせるためには、禁煙が非常に重要です。

PAGE TOP

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上まぶた(上眼瞼)が下がっている状態です。
症状としては、上眼瞼が何らかの原因でひとみに上眼瞼がかかってくると視野障害が生じます。
視野障害の他にも年齢層の若い方にとっては美容的な問題も生じてきます。
また、乳児の場合、眼瞼下垂があると視力の発育を損ねてしまい弱視になる場合もあります。

原因として

  • 先天性
  • 後天性
    老人性眼瞼下垂
    外傷性眼瞼下垂
    動眼神経麻痺
    コンタクトレンズによるもの
    手術後眼瞼下垂
    Horner症候群 など
  • 続発性
    ステロイド長期点眼
    マスカラ長期使用
    甲状腺機能亢進症

などがあげられます。

PAGE TOP

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とは

まぶたの痙攣のことで、自分の意志とは関係なく筋肉に収縮が起こる病気です。
初期症状がドライアイと似ているために正しい診断がつかないことも多く、そういったケースまで含めると、現在、日本でこの症状に悩んでいる人は数十万人以上に上るといわれています。初期症状としては「まぶしい感じ」や「眼が乾いてショボショボする」「まぶたの周りの筋肉がピクピクする」などがあります。

通常は両眼に症状が現れますが、左右で程度に差があることも少なくありません。
やがて症状が進んでくると、まぶたがしょっちゅう下がってくる感じがしたり、さらには全く眼を開けていられなくなり、視力があるにもかかわらず、失明と同じような状態にまで陥ることもあります。

症状の進行はそれほど早くはありませんが、放っておいても自然に治ることは少ないです。
進行の度合いによっては、階段を踏みはずす、電柱にぶつかるなどでケガをしてしまうこともあります。
そうなると仕事や買い物に行くのも困難になり、日常生活に大きな支障をきたします。

発症の原因については、「大脳の一部が機能障害を起こしている」という説や、「眼瞼炎、結膜炎などのまぶたや角膜の病気が刺激を与えたことによって発症した」「抗うつ薬など別の病気の為に飲んだ薬が引き金となった」というケースが報告されています。
しかし、まだ完全には解明されていません。その為、治療は症状を抑える対症療法が中心となっています。

近視(仮性近視・調節痙攣)

初期の近視(仮性近視・調節痙攣)の人の目の周りに電気を流す方法です。
大人の場合でも眼精疲労やドライアイに効果的との報告があります。
従来の治療では、効果がなかった人でも視力が向上する場合があります。慶應大学眼科 学教授の坪田一男先生と田園調布眼科の石川まり子先生が共同で開発した独創的な機械 による画期的な方法です。『通電くん』を使って毛様体の緊張を解き、調節力の回復を 目指す『通電治療』をご紹介します。

『通電くん』を用いた『通電治療』と呼ばれる
電気治療の実際
1.まずは患者様にベッドで横になって頂きます。
2.次によく湿らせた患者様の両手にアース棒(電極ハンドル)を握って頂きます。
3.治療担当スタッフが両手で患者様の両眼それぞれに接触子棒を当てて、全周を少しず つ移動させます。 その際には決して眼球を圧迫しない事を心掛けます。痛さにより、出 力を調節しますが、強いほど効果があります。
4.1回の治療の時間は5~6分間が目安です。
患者様はピリピリとした感じと共に、ピカピカ光る感じを体感されます。
患者様の体の水分が多いほど(若いほど)、電気が流れやすく、効果が期待できます。
5.一般的には患者様の裸眼視力の上昇が続く間はできれば週1回の通電治療の実施が望 まれます。裸眼視力の上昇が頭打ちになりましたら、週1回、2週間に1回、月に1回、シ ーズンに1回と治療の間隔をあけていきます。

『通電治療』の効果の判定
1回の通電治療で裸眼視力が0.1から1.2と面白いように効果が現れる患者様から、全く効 果の出ない患者様まで様々です。
患者様が視力の低下を自覚し始めた比較的程度の軽い時期ならば、良い効果が期待でき ます。
患者様が視力の低下を自覚してから1年以上経過していると改善は難しいようですが、少 なくとも1.0以上の視力を出すのに必要なメガネの度数は弱くてすむようになります。

費用
月額制で2,858円(税別)です。週に1~2回されると効果的と言われていますので、当院では定額 制としております。

『通電治療』の実施にあたっての注意
・治療は予約制となります。
・施行後、目のまわりが赤くなることがありますが、これは一時的なもので 翌日までにおさまります。
・片頭痛をお持ちの方は発作を起こす可能性があります。
・未成年の方は治療時には保護者の方とご一緒に来院ください。